谷動物病院

TEL(072)277-8202
月曜〜土曜/午前9時〜12時 午後5時〜7時
MENU

現時点での最高の治療内容をめざして。

ホーム獣医師日誌

犬の肺炎は診断と治療が難しい。

犬にも肺炎があります。間質性肺炎らしき症状のワンちゃんが続けて来院しました。酸素室で安静にしている間は落ち着くのですが出ると呼吸が荒くなります。残念ながら亡くなってしまいました。呼吸数が増加して咳を伴うのですが症状がかなり進まないとわかりません。人の本では間質性肺炎は炎症が活発でまるで”火の粉が舞う状況”とありました。胸に痛みがあることもあるようで思い当たるフシもあります。肺線維症ではステロイドに反応する人は予後が良いようで犬にも当てはまるように思いました。なるべくマメにレントゲンを撮っていこうと考えています。

谷 憲一郎(院 長)  2018年5月1日

予約診察について

平日の14時~16時に予約診療を行っております。 診察内容や処置によってはご予約していただく方が、よりよい治療を行える場合があります。
また「他のわんちゃん、猫ちゃんがいるとうちの子は興奮してしまって・・・」「うちの子はじっとするのが苦手で待ち時間が長いとつらい」という場合にもご予約して頂けるとスムーズな診療が行えます。
お電話にてご予約を承っております。また予約状況によってはご希望の日、時間にご予約が取れない場合がありますが、ご了承ください。
ページトップに戻る