谷動物病院

TEL(072)277-8202
月・火曜、木曜〜土曜/午前9時〜12時 午後5時〜7時
水曜日と日曜日は休診日です。
MENU

現時点での最高の治療内容をめざして。

ホーム獣医師日誌

糞便細菌叢移植療法ってなんなん?

先日、セミナーで糞便細菌叢移植療法を聞きました。簡単に言うと「他人のいいウンコを移植(飲む)する。」というものです。実際のやり方は色々ですが、人に比べて倫理的な問題がない(?)ので使えそうです。急性期の下痢には非常に効果があるようです。鼻チューブや鎮静下での内視鏡、経口投与があるようですが、カプセル詰めでの経口投与が一番簡単で苦痛がないとのことでした。病院スタッフの方のワンちゃんが思い当たるフシがあるとのことで、下痢が続く犬が同居犬の正常便を盗み食いしてたのですが、とてもいい便になったそうです。人は10年以上前から研究されているようですが、実際やるとなると難しいそうです。60gの糞便を250300mlの液体に溶かして投与するとあります。輸血に比べると随分、手間いらずで簡単そうです。

獣医師日誌  2021年6月29日

獣医師日誌 最新20件

予約診察について

平日の14時~16時に予約診療を行っております。 診察内容や処置によってはご予約していただく方が、よりよい治療を行える場合があります。
また「他のわんちゃん、猫ちゃんがいるとうちの子は興奮してしまって・・・」「うちの子はじっとするのが苦手で待ち時間が長いとつらい」という場合にもご予約して頂けるとスムーズな診療が行えます。
お電話にてご予約を承っております。また予約状況によってはご希望の日、時間にご予約が取れない場合がありますが、ご了承ください。
ページトップに戻る