谷動物病院

TEL(072)277-8202
月曜〜土曜/午前9時〜12時 午後5時〜7時
MENU

現時点での最高の治療内容をめざして。

ホーム獣医師日誌

卒業論文

「卒業論文」 
とてもアカデミックな響きですね。僕自身は大学在学時に出したものが最初、でおそらく最後です。皆様はどんな卒業論文を出されましたでしょうか。
 
さてさて・・・ 
先日、とある中学校の生徒さんが来られ、インタビューを受けました。
事のはじまりは、一通の手紙から。中学校の課題の為に取材させてほしいという内容でした。いつもの職業体験かな、と思っていたのですが今回は体験ではなく取材、少し様子が違います。どうやら卒業論文制作の一環として訪問したいとのこと。
「卒業論文!?」 
驚きました。中学で卒業論文を出すのかと。聞くところによると、それぞれの生徒が自身のテーマに沿って一年かけて調べもの、取材を重ね、一つの論文を作るそうです。大学で見られるような研究論文とは違うかもしれませんが、それでも一年かけて作るものです、かなりの労力になるでしょう。インタビューの内容は当然の事、獣医師についてのあれこれ。さすが進学校といいましょうか、あいさつ、会話の受け答え、ともに丁寧な生徒さんでした。
 
話をしながら不謹慎ですが、この卒業論文のあり方について考えていました。一部の学校だけでなく多くの学校で課題にしてもいいのではと。受験を控える学生にはたまったものではないでしょうが、論文とはいかないまでも、これまでの人生の十数年を振り返り1つのレポートを出してみるというのもいいきっかけになりそうです。

巨海 竜一(獣医師)  2018年8月22日

予約診察について

平日の14時~16時に予約診療を行っております。 診察内容や処置によってはご予約していただく方が、よりよい治療を行える場合があります。
また「他のわんちゃん、猫ちゃんがいるとうちの子は興奮してしまって・・・」「うちの子はじっとするのが苦手で待ち時間が長いとつらい」という場合にもご予約して頂けるとスムーズな診療が行えます。
お電話にてご予約を承っております。また予約状況によってはご希望の日、時間にご予約が取れない場合がありますが、ご了承ください。
ページトップに戻る