谷動物病院

TEL(072)277-8202
月・火曜、木曜〜土曜/午前9時〜12時 午後5時〜7時
水曜日と日曜日は休診日です。
MENU

現時点での最高の治療内容をめざして。

ホーム獣医師日誌

涙焼けでアドバイスできること

今朝、可愛い4か月のまっ白い子犬が来院しました。残念なのは涙焼けが目立つことです。イヌの涙は3層からできていて一番うえの層はムチンで覆われています。ムチンは涙の蒸発を防いだり眼の表面に涙が粘着する糊の役目もしています。瞼にあるマイボーム腺からムチンは出てきます。1日何回か温かいタオルで瞼を軽く抑えてやって下さい。マイボーム腺が活性化されてムチンが出やすくなるそうです。ヒトの眼科の先生も推奨しています。あとは鼻涙管を鼻の上から優しくマッサージしてやります。かなりの数の犬で試しましたが、ほとんどの犬は温かいタオルで顔を抑えるとジッとしています。ちなみにマイボーム腺はドイツの医師 ハインリヒマイボームが見つけたそうです。300年以上前の話です。

 

谷 憲一郎(院 長)  2020年5月15日

獣医師日誌 最新20件

予約診察について

平日の14時~16時に予約診療を行っております。 診察内容や処置によってはご予約していただく方が、よりよい治療を行える場合があります。
また「他のわんちゃん、猫ちゃんがいるとうちの子は興奮してしまって・・・」「うちの子はじっとするのが苦手で待ち時間が長いとつらい」という場合にもご予約して頂けるとスムーズな診療が行えます。
お電話にてご予約を承っております。また予約状況によってはご希望の日、時間にご予約が取れない場合がありますが、ご了承ください。
ページトップに戻る