谷動物病院

TEL(072)277-8202
月曜〜土曜/午前9時〜12時 午後5時〜7時
MENU

現時点での最高の治療内容をめざして。

ホーム症例紹介

アジソン病のイヌ

アジソン病は、副腎という臓器から分泌されるホルモンが不足することで食欲不振、下痢や嘔吐などを引き起こす病気です。
症例はイヌ、ミニチュアダックス、去勢オス、7歳。数日前から食欲が落ちているとのことで来院されました。
血液検査では白血球の増加、ナトリウム濃度の低下、そしてカリウム濃度の増加が確認されました。レントゲン検査では大きな異常は見られませんでしたが、続く超音波検査では副腎という臓器が2.3mm(正常:およそ3~7mm程度)と小さいことが確認されました。
アジソン病を疑い、翌日血液中のコルチゾール値の検査を行いました。結果は基準値よりもずっと低い値だったためアジソン病と確定診断し、ステロイド剤の注射、および内服による治療を開始しました。
定期的な注射と内服薬が奏効し、症状も落ち着いて元気に過ごしています。

2019年7月8日

予約診察について

平日の14時~16時に予約診療を行っております。 診察内容や処置によってはご予約していただく方が、よりよい治療を行える場合があります。
また「他のわんちゃん、猫ちゃんがいるとうちの子は興奮してしまって・・・」「うちの子はじっとするのが苦手で待ち時間が長いとつらい」という場合にもご予約して頂けるとスムーズな診療が行えます。
お電話にてご予約を承っております。また予約状況によってはご希望の日、時間にご予約が取れない場合がありますが、ご了承ください。
ページトップに戻る